医学史研究会
STUDIUM HISTORIAE MEDICAE
 
最終更新日:2016年4月14日
 
医学史研究会 とは
『医学史研究』
『医学史研究』 目  録
過去研究発 表題目
入会のご案内

医学史研究会とは
 大阪大学医学部衛生学教室を端緒とし、およそ半世紀以上にわたり医学史にかかわる学際的研究に取り組み、その成果を雑誌『医学史研究』として公刊してきました。現在は、事務局を大阪健康福祉短期大学川口研究室に移し、医学や看護学、社会福祉といったさまざまな分野から研究者が集い、積極的な議論を重ねています。医学史研究会では、主に定例研究会を大阪で年2回(うち1回は総会をかねて開催)のペースで行っています。また、発表内容などをもとに、年1回のペースで学術雑誌『医学史研究』を発行しています。入会をご希望の方は、下記事務局までメールまたはFAXにてお問い合わせください。年会費は5,000円です。会員には『医学史研究』および総会および研究会のご案内をお送りいたします。
医学史研究のすすめ(PDFファイル)

2016年度 医学史研究会 (2016年6月25日、エル大阪)
演題1 『大塚薬報』連載「世界散歩 病院史跡を巡る旅」 石田純郎
演題2 外科の歴史 ―塩月正雄訳『外科の夜明け』から 後藤幸一
演題3 身体障害者福祉法の障害概念はどこからきたか? 藤井渉
演題4 鈴木要吾『開業医生活六十年瞥見史 上田早紀子
参加者による研究テーマ・研究歴等の交流など

次回研究会のお知らせ
 2016年12月3日 13時受付 エルおおさか 第1研修室


医学史研究会連絡先
事務局 川口啓子
keyco.fish0208@kenko-fukushi.ac.jp
ホームページ管理者 
frei-fujii@nifty.com 藤井(花園大学) 
 
»医療政策学校のページへ
 
  
Copyright :医学史研究会 All rights reserved. since 2013.